So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

材料選び in ベルリン [音楽]

ベルリンのフランクさんの所にリードの材料(丸材)を買いに行ってきました。
DSC_3794.JPGDSC_3793.JPG

いつもの籠から丸材を選ぼうとしたら、まだ誰も選んでいない新しい丸材を出してきてくれました。
誰も選別していない丸材を選ぶのは初めてだったので、得した気分でした。
事前にTel.で「丸材を買う為だけに行きます!」と言っておいて良かったです。(笑)


丸材選びが終わって時計を見たら、帰りの時間までまだ1時間半くらいあったので、空いている部屋を借りて音だしをさせてもらいました。
その部屋には、オーボエ奏者のグレツナー氏が使っていたオーボエや、金属で作られたオーボエなどが置いてありました。
DSC_3799.JPG

このグレツナーさんが使っていた楽器は、上管にキーが沢山くっついているので、日本では一部の人に ”戦艦ヤマト” と呼ばれていたそうです。
DSC_3797.JPG


フランクさん曰く、この金属のオーボエは軍隊など屋外で演奏するバンドで使用されていたそうです。
DSC_3801.JPGDSC_3808.JPG

普通のオーボエと比べると長さはちょっと短く、後ろから見ると管の細さが分かります。
DSC_3807.JPGDSC_3811.JPG

ちょっと吹いてみましたが、残念ながら調整がされていなかったので、まともには音が出ませんでした。




nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 4

のび太

オーボエのリード削りは本当に大変なのでしょう。
感心させられます。。。
by のび太 (2014-11-08 22:41) 

MU

グレツナーさんが録音されたハイドン
フンメル、ベルリーニのいオーボエ協奏曲集の
LPレコードを持っています(1981年録音)

今はもう吹いていらっしゃらないのでしょうか・・・

今年71歳なんです。

オケはライプツィヒ放送室内管弦楽団とあります。

by MU (2014-11-12 21:48) 

Tommy

のび太さま
このリード製作はオーボエ奏者の宿命なので、しょうがないと思ってやってます。(笑)
by Tommy (2014-11-25 04:45) 

Tommy

MUさま
そのCD持ってます!
彼はもう71才なんですね、ゴリツキーさんやパッシンさんと同じ世代だから当然か・・・。
ライプツィヒ放送室内管弦楽団は、彼が団員として演奏していたオーケストラだと思いますよ。
by Tommy (2014-11-25 04:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。